CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< No.89 クモヤ145-100代、車体ディテール工作 | main | No.91 クモヤ145-100代、屋上配管座取付 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.90 クモヤ145-100代、屋上前加工
クモヤ145-100代の屋上配管を行いますが、その前に、ランボード取付と前加工を行っておきます。

先ずパンタ脇のランボードをはんだ付けしますが、そのまま付けたのでは板厚分段差が出来てしまうので、屋根と接する部分の裏側を薄くやすって極力段差が出来ないようにしておきます。

次に後位側ヒューズボックス取付部ですが、実車は車掌室側の屋根に付いているのに対して、キットの取付穴は(正面から見て)車体中央に開いています。
おそらくこれも先の運転台小窓同様、クモヤ143と同等ということでこの位置に穴開けしたのだろうと思われますが、如何にも実車を調べずに図面だけで製品作りしている、という事が如実に現れています。

仕方がないので、ヒューズボックス取付穴を元の穴から車掌室側へ5mmオフセットした位置に、開け直しておきます。
なお、福知山のクモヤ145には、屋上にホイッスルが装備されていますので、元のヒューズボックス取付穴のうちの車端側を、ホイッスル取付穴として利用することにしました。(後ろ側の穴は、後日埋めることにします。)
クモヤ145-100代、屋上前加工後位側

ベンチレーターはキットに入っているものは実車と若干形が違うので、エンドウのパーツを使用することとし、取付穴を同パーツに合わせて広げておきます。
クモヤ145-100代、屋上前加工後位中央寄り
また、ベンチレーターの方も縦長の取付ボスを四角く削り取っておきます。(画像、撮るの、忘れました。(汗))

避雷器取付用の穴の後方(中央寄り)には、列車無線アンテナ用の穴も開けておきます。

続いて前位側ですが、こちらの屋上にも列車無線アンテナとホイッスルの取付用の穴を開けておきます。
共に車体センター線上で、列車無線アンテナ用は車端から70mm(先の後位側も同じ)、ホイッスル用は後位ヒューズボックス用穴に合わせて、車端から6.5mmの位置です。
クモヤ145-100代、屋上前加工前位側
| クモヤ145-100代 | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seisakunissi.studio-owada.lolipop.jp/trackback/941114
トラックバック