CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< No.82 クモヤ145-100代、前面加工その2 | main | No.84 クモヤ145-100代、前面取付 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.83 クモヤ145-100代、側面扉類取付
クモヤ145-100代に、側扉類(機器搬入扉、乗務員扉、荷物扉)の取り付けを行いました。

クモヤ145-100代、機器搬入扉裏打ち
先ず機器搬入扉ですが、裏面からキット付属の裏打ち板で裏打ちをし、

クモヤ145-100代、機器搬入扉取付
表面にツライチになるように、搬入扉パーツを取り付けます。
この扉は、このキットの中では良くできたパーツで、この部分をプレス表現とはせずに、別パーツ化したことによって、実車のイメージを的確に表現できています。

なお実車は、この奥に床下に配置できなかったコンプレッサーやMG起動装置等を床置きで搭載しています。

乗務員扉には、先述の通り幣方パーツを使用しますが、仮に取り付けてみたところ、キットの手すり部の欠き取りと扉パーツ裏面のポンチマークとが若干ずれています。
クモヤ145-100代、乗務員扉仮取付

と言うことで、手すり用の穴開けはドアハンドル部上下の2ヶ所のみ先に開けておき、上下端の部分は車体に取付後、キットの欠き取りに合わせて開けることにしました。
乗務員扉パーツ穴開け加工

乗務員扉を車体に取り付け、手すり用の穴開けも済ませた状態です。
クモヤ145-100代、乗務員扉取付

荷物扉も幣方パーツに取り換えます。
荷物扉パーツは、あらかじめ周囲を90゜折り曲げておきます。
また、ドアハンドル部にエコーの同パーツ(No.1729ドアーハンドル(引き戸用)メッキ付)を使用しますので、この部分の穴をΦ0.4ドリルで広げておきます。
左側取っ手部の穴も、念のためΦ0.3ドリルで座具っておきます。
クモヤ145-100代、荷物扉パーツ

上記ドアハンドルパーツとΦ0.3洋白線で作った取っ手をはんだ付けした荷物扉を、車体に取り付けます。
なお左側のコの字状の取っ手は、実車では線材ではなく帯状(鋳物パーツ?)なので、Φ0.3洋白線の表面を平らにやすって帯材に見えるようにしてあります。
クモヤ145-100代、荷物扉取付
| クモヤ145-100代 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seisakunissi.studio-owada.lolipop.jp/trackback/858787
トラックバック