CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< No.75 KATOの予定品 | main | No.77 新型荷物扉発売 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.76 183系クハ、室内照明取付
前回のモハの記事以降、ちまちまと残る5輌の室内照明の取付を行ってきました。
5輌のうち、クハ以外は先のモハと同等なので詳細は省きますが、クハにはちょっと凝って、運転台にも照明を付けてみることにしました。

光源は白色チップLED。
これにカバーのプラ製チャンネル材を組み合わせて、室内にセットします。

運転台照明用パーツ
チップLEDに極細電線と切り取ったLED等の足の余剰パーツで、配線を施します。
LED左下のプラ材はLEDのカバーに、右側のプラ材は適当な長さに切断して、コードのカバーに使用します。

チップLEDにプラチャンネル接着
チップLEDにプラチャンネルのカバーを付けたところ。

車輌に取付
運転台背面に取り付け(接着)、配線カバーを室内色(クリーム色)に塗ったところ。

運転台背面、配線の様子
配線は、運転台裏側のヘッドライト用端子に、極性を逆にして接続します。

試験点灯
運転台灯を点灯させた様子です。
運転しているとき(先頭車)は、運転室照明は消灯するのが常ですので、運転台灯は最後尾側が点灯するようにしてあります。(その為にヘッドライトと極性を逆にしました。)

クハヘッドライト、室内灯点灯状態
モハ同様、室内灯を組み込んでの点灯試験、前進時。

クハテールライト、室内灯、運転台灯点灯状態
同後進時。ヘッドライトの部分が、白く映っていますが、これはヘッドマーク用の照明の光が漏れているもので、ヘッドライトが点灯しているわけではありません。(肉眼では、それほど気にはなりません。)

クハ、運転台部分
運転台部分の様子。
| JR西日本、183系 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seisakunissi.studio-owada.lolipop.jp/trackback/773731
トラックバック