CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< No.67 モハ484屋上配管、その1 | main | No.69 モハ484屋上配管、その3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.68 モハ484屋上配管、その2
昨日に引き続き、北近畿用183系モハ484の高圧配管の加工を行います。

北近畿用183系、モハ484高圧配管4
使用したパーツは、交流避雷器と交流ヒューズがエンドウの交流機器セットのパーツ。
空気遮断機は、天賞堂の本体にエンドウ機器セットの碍子部の組み合わせ。
交直切替器は、エンドウ機器セットの本体にTOMIX車体付属の碍子部の組み合わせです。
直流避雷器は、ピノチオのLA15です。

交流ヒューズと空気遮断機は、本体をねずみ1号に、碍子部を艶消し白に塗り分けた後、車体に取付(接着)しました。
配管は、前回同様Φ0.4隣青銅線です。

北近畿用183系、モハ484高圧配管5
ここでいささか、問題発生。
空気遮断機と交直切替器との間(矢印部)を、導体でつないでやらなければならないのですが、その方法を目下思案中です。
はてさて、どうやって繋いだものか・・・。

またまた、計画(設計)時の詰めの甘さが、露呈してしまいました。(苦笑)
| JR西日本、183系 | 03:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seisakunissi.studio-owada.lolipop.jp/trackback/673246
トラックバック