CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< No.100 分散冷改モハユニット、車体加工 | main | No.102 分散冷改モハ103、パンタ鉤外し装置取付 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.101 分散冷改モハ103、屋上配管取付
奈良区旧NS603編成の分散冷改モハ103に、屋上配管を取り付けます。

工法(?)は、先のクモヤ145と同様で、母線にφ0.8、エアー管にφ0.4、アレスター線にφ0.3真鍮線を使用し、台座に開けた穴にそれぞれ0.5mm巾及び、0.3mm巾の割ピンを使用して固定して行きます。

なお今回は、相手(車体側)がプラなので、穴径が割ピン巾と同じでも、圧入する事で差込が可能です。(仮固定にもなる。)
差し込んだ割ピンは、裏から瞬間接着剤で固定しておきます。
モハ103屋上配管取付
モハ103屋上配管取付後の様子。

モハ103妻面配管
同妻面。

あとはパンタ鉤外し装置ですが、103系には扇風機カバーを避けるための水平テコ(?)と妻面へ下ろすための垂直クランクが設けられています。
L型クランクと滑車はピノチオパーツを使用するとして、これらの装置をどうやって表現するか、目下検討中です。(とは言っても小さなパーツですので、所詮「らしく」程度の表現しかできないとは思いますが・・・。)
| 奈良区103系 | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seisakunissi.studio-owada.lolipop.jp/trackback/1051489
トラックバック