CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< No.96 クハ103、手すり取り付け | main | No.99 クハ103、2段窓表現 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.98 クモヤ145-100代、床下
以前も少し述べましたが、当初当キットを組み立てた際に、床下の加工も台枠組みまで進めてありました。

クモヤ145-100代、床下前位
クモヤ145前位床下

クモヤ145-100代、床下後位
クモヤ145後位床下

床板はキット付属のものを使用し、床下側に簡単にキーストンプレート表現(Pカッターで筋彫り)と、1×1角線で台枠表現をしました。
機器取り付け台も角線や帯材、チャンネル材を用いて細工してあります。

床下機器は、当時入手できたパーツに一部自作のパーツを加えてそれらしくまとめ、車側部分には帯材と真鍮線で配管を表現してあります。

まだキサゲ作業が不十分な箇所や、追加加工が必要な箇所がありますので、今後はそういった作業を中心に進めていきます。

ところで、先のクハ103の手すり加工をしていて、この車輌に屋上手すりの取り付けしてをなかったことに気がつき、追加加工しておきました。
あぶない、あぶない。(と言うか、手すりのことに気がつかなかったのが、情けない・・・。(汗))
クモヤ145-100代、屋上手すり
| クモヤ145-100代 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:41 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seisakunissi.studio-owada.lolipop.jp/trackback/1028004
トラックバック