CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
No.121 天賞堂が・・・
 皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も旧年同様、よろしくお願いします。

しばらくブログの更新をサボっていましたが、年も変わったことですし、心機一転、ブログを再開していきます。

で、新年早々物騒な話しで恐縮ですが、あの(?)天賞堂が新年の休業中に、泥棒に入られたとのことです。(銀座本店。ニュースにも取り上げられていたので、ご存知の片もおられると思います)

盗まれたのは鉄道模型ではなく、本業の宝石類の方。
今回の事で天賞堂さんの経営がどうこうなると言う事はないと思いますが、全くもって困った輩(やから)達です。
| その他 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
No.119 少しだけリニューアル
 この度、当方の利用しているサーバーがリニューアル(「パワーアップ!」と、サーバ側は言っていますが)したのに伴い、当ブログも若干「見てくれ」が変わりました。

ブログのデザインテンプレートは、以前と同様のものを使用していますので、基本的に見た目は同じです。
ブログの更新は、サーバー側のリニューアルを待って行うつもりだったので(と言うのは、言い訳だったりするのですが)、少し間があいてしまいました。

近日中に、新しい記事をUPの予定です。
| その他 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
No.104 明けましておめでとうございます
新年、明けましておめでとうございます。
本年も旧年に変わらずのご愛顧の程、よろしくお願いします。

謹賀新年

少し遅れた新年の挨拶となりました。m(_ _)m

昨年はブログの更新が滞り気味でした。
本年は、極力UPして行く様に心がけますので、お付き合いの程よろしくお願いします。
| その他 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
No.92 浮気心(笑)
このところちょっと浮気心が出て、別のものに手を出していたので、クモヤ145の進捗が鈍っています。

その浮気心とは、これ↓
いこま工房、南海1251形ペーパーキット

先日(と言っても1ヶ月ほど前)、某氏から「初めてペーパー車輌にトライすることにしました。」と言う旨のメールをいただきました。
私は学生時代(もうン十年も前の話)、ペーパーばっかし作っていたので、ペーパー車輌にはさほど抵抗はありませんが、金属ばっかりやられている方には、やはり二の足を踏んでしまうようですね。

さて、先のメールをいただいた後、「そういえば、家にも某工房(伏字の意味があるのか(笑))のペーパーキットがあったなあ。」と思い、試しに下地工作をしてみることにしました。

最近のペーパーキットは、レーザーカッターで抜きを行うため、窓桟が細く二段窓表現も普通(?)にしてくれてあるので、助かります。
ただ、ユーザーへの配慮からか、あらかじめ外張りと内張りを張り合わせてあり、このまま組み立ててサーフェーサーを吹き付けたのでは、窓桟等凹んだ部分にペーパーがけが出来ずに、シャープさが損なわれる恐れがあります。

と言うことで、張り合わせてある内張りと外張りをシンナーで剥がし(スプレーのりでの接着なので、簡単にはがれます。)、個々に表面仕上げした後再度張り合わせることにしました。

画像に写っているうちの、前面がペーパーがけ途中のもので、サーフェーサー塗り→600番ペーパーがけ→サーフェーサー塗り→800番ペーパーがけ、まで終わった状態です。
もう一度この上から、サーフェーサーを吹きつけ、800番でペーパーがけを行い、下地仕上げ完了とするつもりです。

なお、クモヤ145の方もペースは鈍っていますが、いくらかは進んでいますので、証拠(笑)の画像を下に載せておきます。
詳細は、一通り工作が終わったら、また別途ブログに記述します。
クモヤ145-100代、屋上配管加工、途中経過
| その他 | 15:30 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
No.88 某メーカーの新製品
昨日、某プラ製品メーカーから新製品(発売予定品)の発表がありましたが、その中に「琴電3000形」(HOゲージ)と言うのがありました。

プラ車体で、ローカル私鉄車輌?と言った感じですが、ここのメーカーは過去にも南部縦貫や名鉄モ510形などを製品化しているので、まあそのたぐいのシリーズといったところでしょうか。(しかし、琴電3000なんて、どう見ても「鉄コレ」製品と言った感じもしないでもないですが・・・。)

さて、琴電3000形と言えば、1000形、5000形と共に琴電が自社発注した車輌で、扉配置や細部に違いはありますが、上田交通の5250形丸窓電車もほぼ同一デザインの、好ましい車輌です。

ただ、旧型車輌のプラ車体では、窓ガラスの厚みが比較的目立つのと、前回名鉄モ510形では足回りの出来がやや悪かったようなので、今回製品がどのような出来になるのか、その辺を注視したいと思います。

ところで琴電車輌と言えば私は、モデルワムの71、72形、レールロードの1000、81形、アダチの京急230形、谷川の京急1000形、名鉄3700形等のキットを所有しています。
が、すべて「押入の肥やし」と化しています。(苦笑)
| その他 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
No.75 KATOの予定品
昨年の話になりますが、年末にKATOのwebサイトで本年上期の新製品の発表があり、HOでは14系座席車が予定に上がっていました。(他にNでは223系2000番代やキハ35系等。)

14系客車といえば、学生時代東北へ旅行したときに、「津軽」だったか「八甲田」だったかで、良く(?)乗りましたね。(遠い昔の話。(笑))
12系なんかと違い、他に転用が効かないので、客車列車の衰退と共に一気にいなくなっちゃいました。

余談はさておき製品の方ですが、懐具合にも寄りますが、発売となったら4輌くらいは購入を予定しております。(某メーカーの14系寝台と組ませるのが、いいんでないかえ。)

なお、当該サイトのURLは↓のとおり。
http://www.katomodels.com/distribution/upcoming.shtml
| その他 | 01:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
No.74 明けましておめでとうございます
初日の出をバックに快走する、近鉄電車

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は、格別のご引き立て、有り難うございました。
本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いします。
| その他 | 19:52 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
AU-13
ノロノロペースではありますが、現在JR西日本の北近畿用の183を製作中なのは、既報の通りです。

ところで、今回当該車輌の屋上機器の写真と模型のパーツを見比べていて気が付いたことがあります。

それは国鉄〜JRのAU-13のクーラーキセ形状。

一般に知られているとおり、AU-13の側面グリル形状は、3列グリルタイプとメッシュタイプがあります。

ところが、3列グリルタイプには、気動車や客車に搭載されているものと、電車用のものとの2種類があるようです。

で、模型用のパーツと言えば、3連グリルタイプには長い間、客車・気動車用しか無かったようです。
近年、TOMIXがプラで、455・475を出した際に、電車用を作ったようですが、どうも若干背が低く、この車輌はともかく、他の形式(485等)への転用にはちょっと難があるようです。

ちなみにKATOの165は、12系用をそのまま使用しています。(まあ、ここはそう言ったメーカーですけど。)

AU-13メッシュタイプ
AU-13メッシュタイプ(手前TOMIX、奥エンドウ)

AU-13グリルタイプ、客車用
AU-13グリルタイプ、客車・気動車用(手前TOMIX、奥エンドウ)

AU-13グリルタイプ、電車用
AU-13グリルタイプ、電車用(TOMIXパーツ)
| その他 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
某模型店にて
えーっと、画像無しの小ネタが続きますが・・・。(^_^;)

先日某模型店へ行ったときに聞いた話。
先日のJAMにも展示されていましたが、某所(?)から発売となっている、某在阪私鉄の特急電車(オレンジとレッドのツートンのヤツね。)。

そこの店主の方によると、このキットの窓の表現が間違っているというお客さんがおられる、と言うのです。
私もJAMの会場で、某キットが展示されているのを、拝見しましたが、そんなことは全然意識になかったので、何の疑問も湧きませんでした。

で、帰ってきて調べてみると、どうやらキットの方は、こだわって二段窓表現をしているようです。
ところがぎっちょんちょん(←死語だよ。(爆))、実車の窓は、下段固定で上段上昇式となっているので、上段と下段に(奥行きの)段差がないんですよね。(下段の上に上段が乗っている格好。)

人それぞれ受け止め方があるので、敢えて私はここで正しいとか間違っているとか言う明言は避けますが、模型として多少デフォルメした方が良いのか、実車に忠実な表現の方が良いのか、・・・難しい問題(課題?)ですね。
| その他 | 00:19 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
JAM会場で
JAMに出展されていたメーカーさんについてのコメントをここで書くと長くなるので、それはまた日を改めて幣日記にでも書くとして、ここでは会場で、「おっ!」と思った事を一つだけ。

とある大手真鍮キットメーカーさんから、かねがねキットが出たら良いなあと思っていた車輌の試作品が展示されていました。
JR西の車輌で、1輌でもまとまることからお手軽な車輌・・・、と書けばほぼ察しはつくでしょう。

発売となったら、ダブパンの方を1輌、と思った次第。
(今回は、画像は無しです。)
| その他 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |