CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Clock
Weather
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ワム23000床下完成
後日談(ちょっと違う?)になってしまいましたが、かばちんさんから依頼を受けて製作していました、ワム23000の足回りの完成画像を載せておきます。

ブレーキ配管取付

塗装完了

一つ前のブログの状態に、ブレーキ配管、エアーホース、ブレーキシュー等を取り付け、塗装をして完成となります。

塗装済み、塗装前両品とも「鉄道模型コンベンション、大阪大会」の「工房 ひろ」さんのブースに展示されていたので、同会場で実物を目にされた方もおられたのではないかと思います。
| ワム23000 | 16:22 | comments(5) | trackbacks(1) | pookmark |
ブレーキテコ関連取付
ブレーキテコ(側テコ)と、ブレーキロッド関係を取り付けます。
側テコ受けは0.3Φ真鍮線のピンを介して、側梁に取り付けてありますが、強度がいまいちなので、取り扱いには注意が必要です。

ブレーキテコ取付
ブレーキロッド取付

側テコのテコ軸と水平テコへのロッドとつながる部分のクランク部は、
エコーモデルのNo.2673「ブレーキテコパーツセット」、No.2674「ブレーキ棒パーツセット」の組み合わせです。

この後、エアー配管とブレーキシューを取り付ければ、いよいよ完成となります。
| ワム23000 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブレーキシリンダー取付
先ず、ブレーキシリンダー及び、ブレーキテコ取付(固定)用の梁を2×1、2×2プラ材からそれぞれ切り出し、床板に接着します。
位置関係等問題がないようなら、ブレーキシリンダー、ブレーキテコを接着、固定します。

ブレーキシリンダー取付、1
ブレーキシリンダー取付、2

なお、前加工として、ブレーキシリンダーには引き棒及びエアー配管用の穴開け(座ぐり)を、ブレーキテコには引き棒の穴開けと固定端表現(?)をしておきます。

ちなみにこれは余談ですが、旧型客車や旧型国電のように中梁のある車輌は、側梁と中梁間に枕木方向に床下機器取付用の梁を渡し、中梁のない新性能車(新型客車)では横梁間にレール方向に梁を渡し、機器を取付しているようです。
| ワム23000 | 23:33 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
中梁取付
中梁を取り付けました。
これを付けると、グッと台枠らしくなります。

中梁取付

中央と両端は、プラチャンネル材。軸受けパーツ部は真鍮チャンネル材のはんだ付けです。

それにしてもこねこさんじゃ無いですが、こんなノロノロペースじゃ、JAMには間に合わないかも。(激汗)
| ワム23000 | 22:04 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
横梁取付
ブレーキテコ軸受けと、横梁を接着します。

横梁取付

車体中央の梁はトラと違い、他よりも細いようなので、2×1プラ角材としました。
他は、2×2プラ角材です。

次はいよいよ中(中央)梁の取付です。
| ワム23000 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
部材切出し
前回から少し間が空いてしまいました。(^^;)

ワム23000の台枠表現に必要な各種部材を切り出します。

ワム23000、部材切り出し

上のいちばん長いチャンネル材が中梁。
左側の長短5本が横梁。
右側上が車端部中梁、下が軸受け(プレスパーツ)部中梁。

前作トラ55000では軸受けパーツ部もプラ材を使用しましたが、
瞬間接着剤止めでは若干強度不足な面も見られたので、
今回は、真鍮アングル材をはんだ付けすることとしました。
| ワム23000 | 18:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
側梁取付
床板に側梁と軸受け(表現)が一体にモールドされたパーツを接着します。

側梁取付

この時、4点支持となっている軸受け(プレスパーツ)の動きを妨げないよう、注意が必要です。
| ワム23000 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワム23000、前加工
かばちんさんより依頼を受けた、エンドウ製プラキット、ワム23000の床下加工を行います。

先ず前加工としまして、台枠組みの時に邪魔となるウェイトカバー取付用のボスを削り取ります。
削った後は、600番程度の耐水ペーパーで、軽く水研ぎ。

ワム23000、床下前加工
ついでに、軸受けパーツ及び車輪を取り付け、軽く転がるか、確認しておきます。
| ワム23000 | 14:43 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |